SOAKED WOMAN ~Fetish blog~ 2015年02月

 SOAKED WOMAN ~Fetish blog~ 

リクルートスーツの女子大生やスーツ姿のOLの濡れ&汚れシーンに興味がある方が楽しめるフェチブログです。 撮影した画像を中心に公開していきます。お楽しみ下さいませ!

未公開シーンをyoutubeにアップ致しました、お楽しみくださいませ!

動画の販売に使っていない部分 (カットして本編に使わなかった部分) をyoutubeにアップ致しました。
使わなかったので、自分でいつまでも持っていてもしょうがないし、見たい方もいらっしゃると思いyoutubeに上げました。

スーツがずぶ濡れというテーマでやっていますが今回使わなかった部分の映像はほとんどスーツが濡れておりませんので、販売はしないです。 楽しんでくださいませ!

1, 自己紹介 
初めての撮影でどうやって撮影したらよいか、モデルさんに聞いたら、『始めは自己紹介からだよー』って言われて、撮りました。でも本編で使わなかったので今回、youtubeにアップしました。

2, Intern-05の撮影前のシーンでアリが苦手なえりちゃんが必死にアリ退治しているシーン 
撮影前にいきなりホースを持って水撒きを始めた、えりちゃん。 アリが苦手でした(笑) アリが苦手な女の子可愛いなと思いました。 アリの退治後、このチャコールグレーのスーツのままプールで泳いだりしております。
ご興味ございましたらどうぞ → Intern-05

3, Slimy-01の撮影前のシーンで、またまたアリが苦手なえりちゃんが必死にアリ退治しているシーン 
またまたアリを退治しています。 ホントにアリが苦手みたいですね、可愛いです!
この後撮影で、スーツもサラサラの髪もローションでぬるぬるになってしまいます(笑)
ご興味ございましたらどうぞ → Slimy-01

4, POOL-01 POOL-02の撮影終了後 データの関係で作品に入れられなかったシーン 
撮影終了して、ジャケットを脱いで絞っているシーン、ブラウスが濡れてブラジャーがスケスケになっている部分です。 本編はリクルートスーツで泳いだり、頭から水をかぶったりと、大胆なことをやっていただきました。 シャボン玉をしたりかわいいシーンもございます。
ご興味ございましたらどうぞ → POOL-01 POOL-02



スポンサーサイト
  1. 2015/02/15(日) 07:35:56|
  2. 日本語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Unpublished video

The part you do not have to work was up to youtube.
This is the scene after shooting or before shooting.



1,self-introduction
2,getting rid of ants from Intern-05 By swim in this pool after, you will remain soaked suit.
3,getting rid of ants from Slimy-01 After this you wear slime the slimy from head, you will systemic slimy remains suit.
4,take off your jacket from POOL-01 POOL-02
Dive into the pool, and wear a water, you will remain soaked suit.

Main sale

  1. 2015/02/15(日) 06:33:42|
  2. English
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイナビ ショートムービー紹介

就活をテーマにしたドラマとか、映画、またはミュージックビデオとかが凄く気になります。
たまにYoutubeなどで探したりしておりますが、なかなかありません。
そんななかで昔見つけたこちらのドラマがお気に入りです。 かわいいリクルートスーツを着た女性が出演しておりますが、雨や水でびしょ濡れにはなっていませんが青春って感じがします。 少し古いですが紹介します。 マイナビ ショートムービー「フレイム」 です。



このようなドラマなどがたくさん増えてたら、とても嬉しいです!

  1. 2015/02/08(日) 07:41:59|
  2. 情報 (テレビ、映画など)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Myself as a cameraman

Currently, so that the shooting is photographer. Rather not mean became to want to be a photographer, and I have become inevitably so. Rather than the future of the dream to the shooting, and like is quite without a scene I want to watch my own, was just deepens more and more rapidly obsession.

And, in response to the advice from a friend, it was decided to try to make a scene of interest you want to watch.

Of course, what good is any thing when you buy a camera, because it is what the camera was to study whether that suits them the first time shooting, I did not have confidence.

And I think I'll take macro if there is no confidence, every day to go to the park, nothing I tried variously taken without deciding. Take the bird, to take an image, you can take a fountain, photo also take video, watching on a computer back home,next day, went to the park, next is take by changing the setting, back , where he was or try compared with as I took yesterday.

To them, was what came out a lot of either idea to shoot the model's at camera.
At the same time have also with confidence, become much less anxiety for the shooting, spent the model's and fun that time, and I thought it was me Let's to work the time enjoying each other.

I think the most important is is that to shoot part you want to obediently , it is possible to go to practice shooting with the camera, and I want to be reflected in the work that you have obtained that learned and.

The thing that people manipulate, because I think personality appears you want to do in your own color and style!

And you think that the "good", it is that it is happy most where I am watching to customers.

This year, the next shooting schedule is June. Warm became spring also, nothing to take a photograph without deciding in parks, and take a video, than the released works last year, we will increase the level of as photographer!

  1. 2015/02/01(日) 03:08:29|
  2. English
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメラマンとしての自分

今、現在、撮影をしているのでカメラマンです。 そのカメラマンって、なりたくてなったわけじゃなくて、必然的にそうなってしまいました。 撮影をすることが将来の夢ってわけでもなくて、ただ自分の観てみたい、エロいと思うシーンや萌えるシーンがなかなか無くて、探して見つけても、なかなか納得がいく物がなくて、どんどんどんどん執着心が深まるばかりでした。

そして、友人からのアドバイスを受けて、観てみたい興味があるシーンを作ってみることにしました。
てことで、カメラを持ってバチバチ撮ることになってしまいました。

もちろん、カメラを買うときはどんな物がよいのか、どのカメラが自分に合っているのか勉強もしました。 設定なども一つ一つ勉強しました。 でも撮影は初めてなので、自信がなかったです。

自信が無ければ撮りまくろう、そうしたら何か見つかると思い、毎日公園へ行き、とりあえず何も決めずにいろいろ撮ってみました。 鳥を撮ったり、像を撮ったり、噴水を撮ったり、写真も動画も撮って、帰ってパソコンで観て、また次の日、公園へ行って、次は設定を変えて撮って、帰って、昨日撮ったのと比べてみたりしてました。

そうしているうちに、カメラでどのようにモデルさんを撮そうかアイディアもたくさん出てきました。
同時に自信も付いてきて、撮影に対する不安は薄れてきて、モデルさんと楽しくその時間を過ごして、お互いに楽しんだ時間を作品にしていこうって思いました。

素直に観てみたい部分を撮すっていうのが一番大事と思いますが、カメラで撮影の練習をしていくにつれて、学んだことや得たことを作品に反映させていきたいです。
車の運転もそうですが、人が操るものには、性格などが現れると思うので自分独自の色とスタイルでやっていきたいです!

そして『あ〜いいなっ』って思っていただいた、お客様に観ていただくことが一番嬉しいことです。

今年、次の撮影予定は6月です。 暖かくなった春にまた、公園などで何も決めずにただ写真を撮ったり、動画を撮ったりして、昨年リリースした作品より、カメラマンとしてのレベルを上げていきます!

  1. 2015/02/01(日) 02:36:20|
  2. 日本語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0